システムとLSIの設計技術研究会 優秀発表賞


システムとLSIの設計技術研究会では,優秀な研究発表を表彰しています. 2020年度より,優秀発表賞の表彰規定が変更されました.2019年度までの優秀発表学生賞についてはこちらのページをご参照ください.

システムとLSIの設計技術研究会 2020年度 優秀発表賞・セッション特別賞・主査特別賞

【最優秀発表賞】

受賞者:島村光太郎
論文名:実回路の経年速度劣化測定結果の環境変動補正手法
著者名:○島村光太郎,竹原剛,池田尚弘(日立製作所)
発表研究会:DAシンポジウム2020

【優秀発表賞】

■ DAシンポジウム2020 (2020年9月7日(月)~9月9日(水))
●受賞者:島村光太郎
 タイトル:実回路の経年速度劣化測定結果の環境変動補正手法
 著者:○島村光太郎,竹原剛,池田尚弘(日立製作所)

●受賞者:大島國弘
 タイトル:n型有機薄膜トランジスタのバイアス・ストレス特性変動における物理メカニズムの実験的評価
 著者:○大島國弘(京都大学),栗原一徳(AIST),辺松,佐藤高史(京都大学)

●受賞者:増田豊
 タイトル:クリティカルパス・アイソレーションとビット幅削減を用いた過電圧スケーリング向け省電力設計手法
 著者:○増田豊(名古屋大学),長山凖(ソシオネクスト),鄭泰禹(大阪大学),石原亨(名古屋大学),籾山陽一(ソシオネクスト),橋本昌宜(大阪大学)

●受賞者:塩見準
 タイトル:集積ナノフォトニクスに基づく耐タンパ光論理回路
 著者:○塩見準,木次修也,董博語,小野寺秀俊(京都大学),新家昭彦,納富雅也(NTT)

●受賞者:記伊智也
 タイトル:FDSOIプロセスにおけるガードゲート構造を用いたフリップフロップのソフトエラー耐性の実測評価
 著者:○記伊智也,榎原光則,古田潤,小林和淑(京都工芸繊維大学)

●受賞者:髙島康裕
 タイトル:整数線形計画法に対する変数削減による高速化とEMVRPへの応用
 著者:○髙島康裕(北九州市大学),鷹野芙美代,中村祐一(NEC)
■ デザインガイア2020 (2020年11月17日(火)~11月18日(水))
●受賞者:小野義基
 タイトル:Approximate Computingを用いた不揮発性メモリへの画像データ書き込みにおけるエネルギー削減手法
 著者:○小野義基,宇佐美公良(芝浦工業大学)

●受賞者:石原浩樹
 タイトル:不揮発フリップフロップを利用した個体認証技術PUFの検討とモデル化攻撃への耐性評価 
 著者:○石原浩樹,宇佐美公良(芝浦工業大学)

●受賞者:鈴木宏海
 タイトル:Responsive Linkを用いた分散リアルタイムシステムにおけるRT-DVFS手法
 著者:○鈴木宏海,山﨑信行(慶應義塾大学)

●受賞者:小平行秀
 タイトル:LSIにおけるセル配置手法を用いた身体的距離を考慮した座席レイアウト手法 
 著者:○小平行秀(会津大学)
■ 第193回SLDM合同研究発表会 (2021年1月25日(月)~1月26日(火))
●受賞者:Ding Yi
 タイトル:Quantization Techniques for Small Number of Bits in Transformer based Natural Language Processing
 著者:○Ding Yi, Fujita Masahiro (The Univ. of Tokyo), O'uchi shin-ichi (AIST)

●受賞者:難波学之
 タイトル:データ生成プログラムを利用したデータ構造の推定に基づく変異ベースファジング
 著者:○難波学之,石浦菜岐佐(関西学院大学)

●受賞者:村上大喜
 タイトル:ランダムプログラム生成によるCコンパイラのVRP最適化の性能テスト
 著者:○村上大喜,石浦菜岐佐(関西学院大学)
■ ETNET2021 (2021年3月25日(木)~3月26日(金))
●受賞者:福嶋泰優
 タイトル:PYNQクラスタ上でのResNetの並列実装
 著者:○福嶋泰優,飯塚健介,天野英晴(慶應義塾大学)

●受賞者:田宮豊
 タイトル:量子化深層学習のための精度シミュレータ
 著者:○田宮豊,橋本鉄太郎,川辺幸仁(富士通研究所)

●受賞者:辻川敦也
 タイトル:レジスタ転送レベルにおけるアンチSATに基づく論理暗号化法
 著者:○辻川敦也,細川利典(日本大学),吉村正義(京都産業大学)

【セッション特別賞】

■ DAシンポジウム2020 (2020年9月7日(月)~9月9日(水))
●受賞者:原田彰吾
 タイトル:しきい値電圧差を利用した時間領域処理による広い電源電圧で動作するCMOS温度センサ
 著者:○原田彰吾,イスラム マーフズル,久門尚史,和田修己(京都大学)

●受賞者:可児冬弥
 タイトル:ストカスティック計算に基づくニューラルネットワークにおけるシグモイド関数の演算精度に関する解析
 著者:○可児冬弥,瀬戸信明,市原英行,岩垣剛,井上智生(広島市立大学)

●受賞者:有働岬
 タイトル:電源電圧と基板電圧の動的調整がランダムテレグラフに起因する遅延ばらつきに及ぼす影響
 著者:○有働岬,村上健祐,イスラム マーフズル,小野寺 秀俊(京都大学)

●受賞者:柴田晃陽
 タイトル:FPGAのDSPブロック向け汎用的テクノロジマッパの網羅的探索による実現可能性検討
 著者:○柴田晃陽,今川隆司,越智裕之(立命館大学)

●受賞者:Tahsin Binte Shameem
 タイトル:A Fast Look Up Table Based Lithography Simulator with SOCS Model for OPC Algorithm
 著者:○Tahsin Binte Shameem,Atsushi Takahashi,Hiroyoshi Tanabe (Tokyo Institute of Technology),Yukihide Kohira (The University of Aizu),Chikaaki Kodama (KIOXIA Corporation)

●受賞者:清水亮太
 タイトル:パストランジスタ回路の網羅的列挙による素子数最小回路の探索
 著者:○清水亮太,湊真一(京都大学)
■ デザインガイア2020 (2020年11月17日(火)~11月18日(水))
●受賞者:鈴木宏海
 タイトル:Responsive Linkを用いた分散リアルタイムシステムにおけるRT-DVFS手法
 著者:○鈴木宏海,山﨑信行(慶應義塾大学)
■ 第193回SLDM合同研究発表会 (2021年1月25日(月)~1月26日(火))
●受賞者:Ding Yi
 タイトル:Quantization Techniques for Small Number of Bits in Transformer based Natural Language Processing
 著者:○Ding Yi, Fujita Masahiro (The Univ. of Tokyo), O'uchi shin-ichi (AIST)
■ ETNET2021 (2021年3月25日(木)~3月26日(金))
●受賞者:福嶋泰優
 タイトル:PYNQクラスタ上でのResNetの並列実装
 著者:○福嶋泰優,飯塚健介,天野英晴(慶應義塾大学)